着物についたファンデーションを落す方法

着物にファンデーションを落す方法

着物にファンデーションや口紅をつけて
汚してしまったけど、どうにかして自宅で
落したいという方が多いかもしれません。

 

もちろん、おすすめとしては着物専門の
クリーニング店に持っていきキレイに
落としてもらうのが良いと思います。

 

でも、着物のクリーニング代金って結構して
しまい値段を聞いただけで躊躇してしまうかも
しれませんね…。

 

そんな方に、着物にファンデーションや口紅が
着いた時の対処法を紹介させて頂きますね。

 

ただ、一般的に知られている方法なのですが
着物の色が落ちてしまう場合があるので
自己判断で挑戦してください。

 

着物の汚れを落す方法は『ベンジン』という
揮発性溶剤を使用して落します。

 

色素やファンデーション・口紅といった汚れは
キレイな布へ、水分は乾いた部分に移動する
性質を持っています。

 

この性質を利用して汚れなどを別の布に移すのが
着物汚れを落す基本です。

 

ファンデーションの汚れも口紅汚れも、ベンジンで
浮き上がらせてからキレイな布で吸い取りましょう。

 

まず、目立たない衿先の部分などで色落ちしないことを
確認してから汚れを落しましょう。

 

@ベンジンを容器に移し、染み抜きブラシにたっぷり
ベンジンを染み込ませましょう。

 

A汚れの部分下にサラシを敷き、手首をリラックスさせ
着物の表面に軽くつけ布目に沿ってブラシを動かします。

 

B表面をキレイなサラシで押さえるようにして汚れを
吸い込ませます。輪染みにならないように注意して下さい。

 

Cドライヤーを冷風にしてベンジンを飛ばして終了です。

 

もし、着物自体着る必要が無くなったという方は
コチラで処分する方法をご覧下さい。

 

日本のファッションは独特

 

日本の「女の子らしい服」というのが、私は嫌い。
ブリブリスカート・ヒラヒラレース・アンサンブル・プリーツのミニスカート、、、モテを意識したような恰好。
いわゆる量産型女子、雑誌で言うとcancamのような。
男受けよくて、清楚で、女子アナっぽい格好。
でも実は、あざとくてずる賢くて腹黒い女の方がこういう格好しているのに。

 

私は海外大好きだし、性別関係なく強く生きたいと思ってる。
面長の男顔だってのもあって、そんなブリブリした格好なんて大嫌い。
スカート履くならタイトスカート、キャラ物なんて絶対持ちたくないし、パステルカラーの服なんて持っていない。
コーデの参考にしているのは、海外のSNSアカウント。

 

オールブラック・スキニーパンツ・無地・・・とにかくシンプルに、ノームコアを心がけている。
ガチャガチャ着飾っていなくてもセクシーで色っぽくて大人っぽく決まるから、凄い好き。
白Tシャツやスニーカーブームが最近日本でも流行っているけど、これからもっとそのブームが来そうな予感がしている。
占い師のゲッターズ飯田さんが言っていた「来年は大人の時代がくる」と。
大人っぽい思考・大人っぽい格好が来ると予測されている。

 

やっと大人っぽいシンプルな格好をしていても、好感を得られる時代が来るようだ。