着物を着ない理由

着物を着ない理由と着用の機会を増やす方法を
紹介しています。

 

今でも七五三、成人式などの節目のイベントの際には
着物を好んで着ることが多いものですが、普段着として
着用する人はほとんどいません。

 

着物を着ない理由として上げられるのは、まず普段着としては
動きにくいという事があるでしょう。

 

現代人の忙しないライフスタイルでは、洋服の方が何かと
便利なものです。

 

そういった理由からイベントごとは別として、普段着としては
着ないという人がほとんどなのです。

 

また、洋服と違ってその保管方法や維持も難しいものです。

 

汚れても洗濯機で洗う訳にはいきません。

 

また、絹で出来たものは、簡単に水に濡らす事さえ
出来ないのです。

 

そのためやはり洋服と比べると、手間がかかる衣類と
言えるでしょう。

 

これも着物を着ない人が増えた理由です。

 

次にあげられるのは、ごく単純な理由になります。

 

それは、そもそも着付けをする事が出来ない人が
ほとんどだからという事です。

 

一人では着られない=着ないという図式が
出来上がってしまっているのです。

 

こうした理由から、多くの人が特別な日以外は
着物を着ないような時代になってしまいした。

 

すると、まわりで着ている人がいないからという理由で、
自分も着ないという循環がますます出来上がってしまいます。

 

そして着物は値段が高いものというイメージが、
更にハードルを上げてしまっていると考えられるでしょう。

 

でも、実際、着物の値段もピンからキリまで様々です。

 

また最近ではリサイクルなどで、相場よりずっとリーズナブルに
購入することが出来るんですね。

 

ですから、もはや値段は着物を着ない理由にはならないのです。

 

着物が洋服にとって変わるという時代は、
これから現れる事はないでしょう。

 

それでも、少しでも着物を着て貰うにはどうすれば
良いのでしょうか。

 

値段に関しては、リサイクルを利用すれば十分に
購入することが可能です。

 

着付けに関しては、着物教室や呉服店、公民館などで
開催されているイベントを利用してみましょう。

 

これなら、無料もしくは格安で着付けを学ぶ事ができます。

 

また着付け教室などへ行く時は、友達と一緒に
参加する事をオススメします。

 

友達同士で参加すれば、終了後もお互いに
教えあう事が出来ますし、練習にもなります。

 

そして何よりも、一緒に着物を着て出掛ける事が
出来ますね。

 

今の時代、普段何もない日に着物を着るには
勇気がいるでしょう

 

でも、友達と一緒ならその1歩を踏み出す事が
できます。

 

こうやって着物友達を作っていくことで、
着用の機会を増やす事が出来るでしょう。

 

【着物を処分するには!?】