着物をリサイクル

不要になった着物をリサイクルする方法

不要になった着物をリサイクルする方法とは!?

 

もう何年も着ていない着物があり、今後も着そうにない、
祖母から譲り受けた古い着物があり1度も着ていない、
娘に着物を譲るつもりでいたが、娘は要らないと言っているなど、
自宅に不要となってしまった着物を持っているという人は少なくありません。

 

着物は、クリーニングにもお金がかかり、
洋服よりもお手入れが大変です。

 

保管中にシミを作ってしまうこともあるので、
着る予定がないなら、思い切って手放すことを
考えてもよいでしょう。

 

テレビでも着物買取りのCMが流れているように、
着物を買い取ってくれるリサイクル店はたくさんあります。

 

着物をリサイクル店に売る場合、まず、喪服は、
原則買い取ってもらうことはできません。

 

また、よほど値打ちのあるもの以外は、買取り価格には
期待できないと考えておいた方がよいでしょう。

 

リサイクル店の買取りで、紬は流行に左右されないため、
比較的よい値段がつくようです。

 

着物や帯だけではなく、帯締め、帯揚げ、かんざしや
櫛などの和装小物もまとめて買い取ってもらうことも
可能です。

 

着物は重くてかさばるので、リサイクル店に持ち込むのは
大変ですが、無料宅配査定を行っているところや、
訪問見積もりをしてくれるところもあります。

 

業者によって買取り価格には開きがあり、中には
「押し買い」に近いような悪質な業者もいるので、
インターネットで評判のよい業者を探したり、
何社か比較して見積もりをしてもらった方が安心です。

 

安い値段で売るくらいなら、自分でリサイクル…と
考える人もいるかもしれません。

 

着物をリサイクルする方法の一つとして、洋服に
リフォームするというものがあります。

 

着物のリフォーム講座を開いていたり、リフォームを
請け負ってくれる方もいますが、かなり目立つデザインに
なってしまうので、実践する方は多くはないようです。

 

自分で着物をリフォームするなら、バッグや巾着などの
小物を作るのがおすすめです。

 

日常的に使えるものにリフォームでき、本もたくさん
出ていて、比較的簡単に作ることができます。

 

また、知り合いなどを探して、よく着物を着る若い人に
譲ってしまうのも、リサイクルの一つの方法です。

 

着物を買い取る業者が多いということは、古着の
着物を買う人もたくさんいるということを意味します。

 

着物離れが進む一方で、着物に興味を持ち、
着付けを習っている、デートには着物を着ていく、
という若い女性もいます。

 

愛着ある着物をリフォームしたり、
安く買いたたかれたりするよりは、着てくれるという人に
譲るのが一番よいリサイクルの方法かもしれません。

 

>>着物をリサイクル&買い取ってもらう!?