着物の捨て方

ずっと大事にしてきた着物の捨て方とは!?

ずっと大事にしてきた着物の捨て方とは!?

 

私は若い時から、たまにですが着物を着る事があります。

 

でもその数はたったの三枚しか持っていないので
着物を着る機会というものがめったにないからです。

 

でも心の奥ではもっと着たいなと思っているのです。

 

そこでその中の一枚を捨てようと思ったのです。

 

その捨て方はどうかな、と気になって調べてみました。

 

するとそのままゴミとして捨てるというものが多かったです。

 

捨て方は人それぞれなので、私は私よりももっと
着物を持っている友人に聞いてもみたのです。

 

すると友人は着物の捨て方として、一つリサイクルを
提案してくれました。

 

それは普通の捨て方とは違って、有効活用するという
事でもあるのです。

 

買取店へ持って行ったら、ひどい汚れ以外なら
買取ってくれます。

 

ちょっとしたお小遣いにもなるのです。

 

着物って普段めったに着る人も少ないですが、
それでも新品で買うととても高かったりするのです。

 

だからリサイクル店で、中古で買う人がとても多いのです。

 

いろいろとある捨て方の中から、
私はこの方法を選ぶ事にしたのです。

 

デザインはかなり古いですが、まだまだ着るには
全然差し支えありません。

 

私よりも年上の人だったら、全然着れるデザインだと
思うのです。

 

着物には流行もあるかもしれませんが、
こういった古いものの結構親しまれるものなのです。

 

ごみとして捨てるという捨て方もあるかもしれません。

 

でもやはり心のどこかで、とてももったいないと
思っている自分がいるのです。

 

だからできる事なら、まだまだ誰かに着てもらって、
もっと活躍してほしいのです。

 

できる事なら、着物を親しんでいる人がいいなと
思っています。

 

私の身近ではそんな人はいませんが、
結構いるはずだと思っています。

 

いくつもある捨て方の中で、私は買取を選びました。

 

決してそれは間違った方法ではないと思うのです。

 

これまで行事ごとには着ていたものなのです。

 

ずっと大事にしてきたものなのです。

 

これからもいろんな面で活躍してくれる事を
期待したいと思っています。

 

普段洋服を着る機会がかなり多いです。

 

和装をする機会というものはめったにありません。

 

結婚式や観劇など、本当にちょっとした時に
着るだけなのです。

 

だから手離す事にしたのです。

 

見た目と違ってとても気やすいし、動きやすいし、
私はとても気にいっていました。

 

また機会があったら、新しいものを新調して、
着る機会を探してみようと思っています。

 

そんな出会いがあったらいいなと思うこの頃です。

 

>>着物は捨てずに買い取ってもらう方法